« EeePC 901-X 環境構築 Xandros を IDE Slave から起動する(その2) | トップページ | EeePC 901-X 環境構築 Xandros で日本語が使えるようにしましょう(その1) »

EeePC 901-X 環境構築 Xandros を IDE Slave から起動する(その3)

続きです...


BIOS画面終了時に [F9]を押してgrubメニューを表示させます。

「Normal Boot」 を選択し [e] キーを押します。
2行目の kernel オプションが記述されている行を選択し [e] キーを押す
行末の 「root=/dev/sda1」を「root=/dev/sda1 XANDROSBOOTDEBUG=y」に変更し [Enter]

[b] キーを押して デバッグモード?で起動します。

以下、コマンドラインからの作業となります。
mount /dev/sdb1 /mnt-system [Enter]
mount /dev/sdb2 /mnt-user [Enter]

cp /mnt-user/temp/menu.list /mnt-system/boot/grub/
cp /mnt-user/temp/initramfs-eeepc-sdb.img /mnt-system/boot/
rm -rf /temp


以上で終了です。
やっとこれで、購入しておいた HDD が取り付けられます。

注)上記の設定を行うと、Xandros はデフォルトで IDE Slave からの起動となります。したがって、HDD を取り付けない限り、SSDはIDE Masterのままのため起動出来ません。
その場合は、前述のgrubメニュー表示操作を行い、「IDE Master」を選択することで起動できます。

|

« EeePC 901-X 環境構築 Xandros を IDE Slave から起動する(その2) | トップページ | EeePC 901-X 環境構築 Xandros で日本語が使えるようにしましょう(その1) »

EeePC」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私もXandrosをスレーブで使いたく、記事を参考にチャレンジしたのですが
mount /dev/sdb1 /mnt-system
この時点でそんなのは無いよってエラーが出ます。
XandrosがVer1.6.1で構成が変わったのが原因ではと推測しているのですがVer1.6.1でも同様にスレーブで利用できるのでしょうか?
教えていただけると幸いです。

投稿: アンビンバンコ | 2009年1月28日 (水) 07時22分

アンビンバンコ様、コメント拝見いたしました。
古い記事だったもので、記憶を呼び起こしながら
再度自分の書いたものを読み直しました。

その結果・・・ゴメンナサイ

記事中のkernel オプションの変更箇所は
「root=/dev/sda1」を「root=/dev/sda1 XANDROSBOOTDEBUG=y」

マウントコマンドについては
mount /dev/sda1 /mnt-system [Enter]
mount /dev/sda2 /mnt-user [Enter]

が、それぞれ正解だと思います。
(ブログに起こす際の打ち間違えだと思われます。トホホ・・・)
この時点では、まだ純正4GがSMのはずですものね。

当方の901-Xは現在ディスク構成が当時と変わってしまっているため、上記手順を実際に再度検証してみたわけではありませんが、
たぶん大丈夫ではないかと思います。

今回はご迷惑をおかけ致しました。
何分やっつけ仕事の防備録ゆえ、ご容赦頂きたく存じます。

投稿: masa | 2009年1月28日 (水) 13時47分

masaさん、こんばんは。
回答ありがとうございます。
>この時点では、まだ純正4GがSMのはずですものね。
ということはやはりまだHDDを挿す前の作業だったのですね。
てっきり実はHDDを装着してマスター/スレーブ入れ替えてからの作業かと思いました。
でも文面からすると作業を終えてからHDDを接続して居られるようですし。。。
最後のcpコマンド中に/ /とありますが2つ必要なのでしょうか?
質問ばかりですいません。

投稿: アンビンバンコ | 2009年1月28日 (水) 21時19分

アンビンバンコ様
回答が遅くなって申し訳ありませんでした。

重ね重ねスミマセン。
この一連の作業は、
1.XANDROSBOOTDEBUG=y オプション付きで、Xandrosのカーネルをメモリ上に展開し起動する。(この時点ではいずれのドライブもマウントされていない)

2.Xandrosがインストールされたドライブをマウントする。(この場合は純正4G=SM)
 mount /dev/sda1 /mnt-system [Enter]
 mount /dev/sda2 /mnt-user [Enter]
 ※HDDをとりつけ、純正4G=SSの場合は sdb になります。
 ※SATAにディスクを取り付けている場合は、SATA=PMとなるはずですので、ドライブはさらにずれます。

3.あらかじめ作成しておいた、起動時のgrubメニューとイメージをsda2からsda1にコピーする。
 cp /mnt-user/temp/menu.list /mnt-system/boot/grub/
 cp /mnt-user/temp/initramfs-eeepc-sdb.img /mnt-system/boot/

だいたいこんな感じになります。

> 最後のcpコマンド中に/ /とありますが2つ必要なのでしょうか?
ガーン!! またタイプミス...
そうですよね、いらないですよね。これも修正しておきます。
ご指摘ありがとうございます。

追伸:アンビンバンコ様
XANDROSBOOTDEBUG=y オプション付きで起動はできているようですが、 
上記2のマウント作業は成功しておられますでしょうか?

投稿: masa | 2009年1月29日 (木) 17時59分

こんばんは。
>上記2のマウント作業は成功しておられますでしょうか?
なにやらマウントできなかった風のメッセージが出ておりましたが今成功いたしました。
こちらの方法とコメント頂いた方の方法の折衷案です。
後で記事にさせていただきます。
おかげさまでずっと考えていたSlave起動が出来ました。
ありがとうございました(^^)/

投稿: アンビンバンコ | 2009年1月29日 (木) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EeePC 901-X 環境構築 Xandros を IDE Slave から起動する(その3):

« EeePC 901-X 環境構築 Xandros を IDE Slave から起動する(その2) | トップページ | EeePC 901-X 環境構築 Xandros で日本語が使えるようにしましょう(その1) »